0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ビンポセチン(コグニトール)5mg 50錠

¥4,212 税込
商品コード: Cognitol 50 tabs/pack 5 mg
カートに追加しました。
カートへ進む
ビンポセチンは脳の血流を改善し知覚・記憶力の向上に効果的。認知機能を高め、ストレスや加齢によって低下した短期記憶を回復させる。脳の活動を活性化することによって集中力、記憶力を向上させるスマートドラッグとして有名!

使用量
下記の使用量はあくまでも目安です。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常1回5-10mg(1-2錠)を1日3回食後に服用します。

長期に渡る維持療法には1回5mg(1錠)を1日3回食後に服用します。

・使用前に必ず医師の診断・指示を受けてから使用してください。
・メタ分析に含まれた慢性脳血管障害の患者においては1回10mg(2錠)を1日3回食後に服用してください。


商品詳細
コグニトールの有効成分であるビンポセチンは脳血管拡張薬剤・ビンカミンの半合成誘導体です。
脳内血流・代謝の促進、記憶力改善、脳神経細胞保護、抗酸化作用などによる脳機能改善作用があるとされ、ヨーロッパや日本では主に虚血性脳卒中や脳梗塞症の後遺症などの脳血管障害、及び認知症の治療薬として用いられていますが、アメリカでは記憶力を増加させる向知性作用のあるサプリメントとして知られ、広く使用されています。

脳の機能は脳内の血流やエネルギー代謝の状態によって変化するとされています。
脳は血液中に含まれるブドウ糖を代謝することによってエネルギーを得ているため、血流が悪化して脳の組織に十分な酸素や栄養となるブドウ糖が行き渡らなくなるとその脳機能が低下してしまうことになります。
さらに動脈硬化などによる脳の血管の狭窄や閉塞は、脳卒中と総称されるさまざまな脳疾患を発症し、脳内血流の絶対的な欠乏は、脳組織が死滅してしまう脳梗塞を引き起こすことになります。

ビンポセチンには複数の作用による脳内の血流や代謝の改善作用があるとされており、またそれらの効能に伴って脳機能の向上作用もあるとされています。
まず脳内に存在しているホスホジエステラーゼ(PDE)タイプ1という酵素の形成や働きを阻害し、血管平滑筋を拡張させ、脳血管の血流を増加させて脳細胞へ十分な酸素やブドウ糖を供給します。
このことにより脳のブドウ糖代謝が促進され、脳内で利用されるエネルギー(ATP)が増加します。
また、抗酸化作用と呼ばれる老化を防ぐ作用も持ち合わせているため、老化による動脈硬化を妨ぐ作用がある他、神経細胞に刺激を伝導する電位依存性ナトリウムチャンネルを遮断して、神経細胞の過剰な興奮を抑え、グルタミン酸やアスパラギン酸による神経細胞の疲弊、壊滅から神経細胞を保護する作用も認められると言われています。

これらの作用からコグニトールは脳梗塞をはじめとする脳血管障害に対して有効な効力を発揮し、また脳機能そのものも改善することから記憶力の増加など認知面においても効果があるとされています。

有効成分:ビンポセチン(Vinpocetine)
製造元:Sun Pharma
製造国:インド

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★☆ (1)

  • 2020/06/23 小西 さん ★★★★☆

    かなり充実

    元気通販さんでは、様々なスマートドラッグを注文させてもらっています。
    特に、ビンポセチンに、お世話になることになっています。
    人気商品のビンポセチンを用法用量を守って利用して、かなり充実した暮らしが実現できます。

レビューを投稿